商品紹介

藤井厳喜のワールド・フォーキャスト

藤井厳喜のワールド・フォーキャストは、藤井先生が世界トップのハーバード大学大学院を卒業後、ハーバードのユダヤ人の仲間と作った調査機関で35年間発行し続けている、会員制情報レポートの中から、特に知っておいて欲しい所をポイントを絞って、ビデオで分かりやすく解説するプログラムです。

今現在、世界で何が起きているのか?これからどういうことが起こっていくのか?ということを、地政学や世界情勢の視点から予測・解説するもので、表面的・断片的にとらえているマスコミの情報と異なり、情報の奥が非常に深いです。

「ワールド・フォーキャスト」を視聴することにより、あなたの視野が広がり、世界の見方が変わるようになってきます。世界情勢に対する疑問が晴れてスッキリするだけでなく、より世の中が見えるようになるでしょう。

価格:年間購読費:19,800円(税別)

 

【日本人のための世界が広がる情報リテラシー大全vol.1「地政学」編】

講座の一部をご紹介すると・・・

  • ・case study「北朝鮮はどう動く?」1- 米・中・北朝鮮の思惑を暴く地政学
  • ・半島の地政学1 – 地図で読み解く、米・ロ・日が引きずり込まれた悪魔の領域
  • ・アメリカは世界の覇権国になれないのか? – 孤立する島国・米国の内実
  • ・バルチック艦隊と最強陸軍を持ったロシアの地政学 – 今さら聞けないロシアがクリミアを手放せない訳
  • ・日本は国家不在民族となってしまうのか? – 国家独立を応援し世界の希望となった日本の未来
  • etc… 全20講義(4時間39分)

 
この講座を見ることで、日本では一部の人しか学ぶことのできない専門的な「地政学の知識」を、入門レベルから学ぶことができます。そのスキルを得れば、もううわべの情報に騙されたり踊らされることなく、世界中、そして日本を舞台に起きている国際関係の本質や思惑を、自ら読み解くことができるようになるでしょう。
 
価格:29,800円(税別)

 

 

【日本人のための世界が広がる情報リテラシー大全vol.2「国際関係学」 – アメリカ大統領で見る国家の興亡 – 前編】

講座の一部をご紹介すると・・・

  • ・平和論- 日本人が勘違いし続ける「平和」の意味
  • ・Case Study 対中国防衛策- この6択をどう使うか?歴史で読み解く国防の本質
  • ・ケネディ大統領①- マフィアと宗教が明かす名大統領の素顔
  • ・ジョンソン大統領②
    – 暗殺、ドラッグ、仕込まれた戦争…世界に露呈した米国の闇
  • ・ドル=金本位制- 世界を激変させた大統領令:イギリス大蔵大臣に向けられた一通の手紙に書かれていたこと
  • etc… 全18講義(4時間41分)

 
この講座を見ることで、米国政治・経済の全体像がわかりやすく理解できるだけでなく、個別の大統領が奮った政治手腕と現代日本に与える影響を本質的に読めるようになります。
 
日米関係のパイプとしても活躍した藤井先生が語る情報を一つずつ知ることで、あなたの国際関係を見る視点は研ぎ澄まされ、より高いものになっていくでしょう..
 
価格:29,800円(税別)

 

 

【日本人のための世界が広がる情報リテラシー大全vol.3「国際関係学」 – アメリカ大統領で見る国家の興亡 – 後編】

講座の一部をご紹介すると・・・

  • ・レーガン大統領②- 俳優から政界へ:”偉大な凡人”が魅せた政治戦略と自由自在に操られたマスコミ
  • ・ブッシュ大統領(父)②- 実務家大統領を待ち受けた天国と地獄:支持率90%以上からアメリカ政治腐敗の序章へ
  • ・クリントン大統領②- 日本が毎年4兆円規模で騙し取られている?押し付けられた悪名高き京都議定書の実態
  • ・オバマ大統領②- 裏切られた米国民 – オバマケア、ビンラディン殺害、親中外交の不都合な真実
  • etc… 全23講義(5時間15分)

 
前編に続き、この講座でもアメリカの外交施策を中心に見ていくことで、これまで米大統領の言動によって、世界のパワーバランスがどのような影響を受けてきたか、そして、今後われわれ日本はどのように世界に目を向けたら良いかなど、世界情勢を本質的に読み解くスキルを得ることができます。
 
また、政治と経済を分けずに国家を捉えるポイント、現代の国際関係の全体像を把握する能力が身につくため、この講座で得た情報は単なる知識で終わらずに、ビジネスマンや企業経営者、投資家が実際に役立つスキルへと高まっていくことでしょう..
 
価格:29,800円(税別)

 

 

【日本人のための世界が広がる情報リテラシー大全vol.4「政治学」編 – 未来を予見する智慧 -】

講座の一部をご紹介すると・・・

  • ・権力と国家① 権力(Power) – 人を自分の意思通りに動かす力:世界で通じる『マネー・ガン・フィーリングの法則』
  • ・徹底比較:良い政治と悪い政治① 中国独裁政治の誤算:空気から大地、そして水…私腹を肥やし続ける中国と日本の未来 ・国体と政体とは何か?
  • ・徹底比較:良い政治と悪い政治② 「切り捨て御免」は真っ赤なウソ・・・マスコミが捏造した江戸幕府の真実
  • ・ 天皇陛下とは? なぜ皇室には名字がないのか?皇室が日本民族の総本家と言われる理由
  • ・政治と宗教:なぜ、ローマ法王は靖国神社を救ったのか?世界に誇れる慰霊と功績のシンボル、世界の中の靖国神社の存在とは?
  • etc… 全21講義(4時間49分)

 
この講座では、権力が渦巻き、駆け引きや騙し合いが蔓延しているように見える「政治」の世界…
そんな国民の目線からは全体像が見えない「政治」をいくつかの『原理原則』に沿ってわかりやすく解説しています。北朝鮮や中国など、一見、独裁者に支配された同じような国に見えますが、実はその原理原則に沿って見てみると、全く違うものを原動力として動いていることがわかります。
 
講座を見終わる頃にはきっと、我々でも未来を予見する叡智が養われ、政治学がどれほど、あなたにとって役に立つ学問かということを理解できることでしょう…
 
価格:29,800円(税別)

 

 

【日本人のための世界が広がる情報リテラシー大全vol.5「経済学」編 – 誰もが知らない「資本主義」の本質 -】

講座の一部をご紹介すると・・・

  • ・日本人が知っておくべき金(きん)の幻想- 英語の“goods”に隠された経済の本質
  • ・明治維新とアメリカ大恐慌の共通点- いまさら聞けないマルクス主義・ケインズ主義、”貧富の格差”に隠れる資本主義の闇
  • ・財務省の嘘- 125年の歴史とアイスランド、スペイン、ギリシャの実例で証明する”借金大国・日本”が潰れない訳 – 国の借金が怖くなくなる1つの条件
  • ・経済学者とマスコミには騙されない!- 20分あればスッキリわかる”本当は簡単”な経済の仕組み
  • etc… 全22講義(5時間04分)

 
この講座では、私たちが毎日使う「お金」とはそもそも何か?国の経済成長が私たちの収入にはどうやってつながるのか?といった家計にまつわる身近な話題から、ニュースでよく聞く「日本の赤字」解消法、財務省やマスコミの言葉の真偽、といった国家レベルの大きな話まで難しい経済用語や数式の内容を噛み砕いて、具体例でわかりやすく教えてくれます。
 
この講座を見れば、新聞やTVで流される、私たちの不安を煽るような情報に惑わされず、本当に知っておくべき経済のカラクリを理解し、世の中の出来事が我々の生活にどのように直結しているのかを自分の知識で判断できるようなるでしょう…
 
価格:29,800円(税別)

 

 

【日本人のための世界が広がる情報リテラシー大全vol.6「歴史学」編 – 文明論的歴史学の基礎 -】

講座の一部をご紹介すると・・・

  • ・和歌、権力構造、天皇陛下…日本人の起源を知る歴史の見方:神か?悪魔か?人間に吹き込まれた2つの概念
  • ・なぜ日本は世界からこれほど嫉妬されるのか?:日本だけがやっていた文明発達で外してはいけないこと
  • ・「大陸国家 vs. 海洋国家」の運命②:英・仏・米・露、覇権国の争い – 絶対王政の王様が産み落とした世界最大の共和国
  • ・日本人が知るべき親日国の実態:”インパール作戦”もうひとつの史実~歴史を知らない鳩山元首相の愚行
  • ・今さら聞けない南京大虐殺の真実:書籍、法律、証言…次々にボロが出る反日捏造の裏側
  • etc… 全22講義(5時間48分)

 
この講座では、戦前の日本が、100年、200年、もっと長い目で見た時に、どんな国民性でどんなことを大切にしてきたのか?他国とくらべて、どのような存在だったのか?といった我々日本人のルーツを知ることができるものです。戦後の日本は、なぜか自国の悪いことばかりを教え、良いことは全くと言って良いほど伝えない学校やマスコミによって、知らず知らずのうちに自信がない、自己肯定感が低い日本人をずっと育み続けているといいます…
 
でも、この講座で語られている本当の日本の姿をひとつずつ紐解いて知っていけば、日本をダメにするような論調に左右されない、モノの見方、スキルを身につき、どれが正しい情報なのかを自分自身で読み取ることができるようになるでしょう。
 
価格:29,800円(税別)

 

 

【日本人のための世界が広がる情報リテラシー大全vol.7「日米中の近現代」編- 文明論的歴史学の基礎 -】

講座の一部をご紹介すると・・・

  • ・民族の理想:終戦と同時に忘れ去られた日本史の原点
  • ・近代化の嘘:日本は時代の最先端だった?文明の真実を暴く2つの切り口
  • ・世界の見方を変える「歴史認識」の真実:中国が世界から嫌われる理由
  • ・操られた帝国陸軍:ルーズベルトだけじゃない…日本を戦争に引きずり込んだ黒幕の正体
  • ・共産主義者の謀略:首相までもが嵌められたスパイ天国の実態
  • ・協調か?敵対か?日米中の三角関係:宣教師が握った国際世論とは?世界一の侵略国家”中国”誕生の理由
  • etc… 全22講義(6時間07分)

 
戦後、アメリカ占領政策のプレスコード(報道規制)によって、戦勝国の都合のいいようにテレビ、新聞をはじめ、あらゆる情報を操作され続けてきた日本…「日本人=悪者」といった自虐史観、「平和が当たり前という能天気さ」、「核を持っていたら戦争が始まる」という嘘をいつの間にか刷り込まれ、まるで誰かの言いなりのように、表面的で偏った見方しかできないように、私達日本人はなってしまっていると言います…
 
そんな日本において、日々受け取る情報には、どんな思惑が入っているのか?その背景には何が隠されているのか?といった、物事の本質、情報の真偽を正しく読み解く力をこの講座では学ぶことができます。戦争を境目に語られなくなった歴史上の事実をひとつずつ丁寧に検証して知っていけば、日本にとって良かったことも、悪かったことも、改めて刺激的な情報として見つめることができ、隠蔽や捏造のない真実を知ることでこそ、今までと違う視点から過去の日本の姿、世界の姿が見え始めていくことでしょう…
 
価格:29,800円(税別)

 

 

『太平洋戦争の大嘘〜47年隠され続けた元大統領の告発〜』

 

1946年(昭和21年)5月3日、東京。

元アメリカ大統領ハーバート・フーヴァーと連合国軍最高司令官マッカーサーは「太平洋戦争とはいったい何だったのか」を3日間にも渡って話し合った。

そのとき、日本人なら誰も思いもしないようなことをフーヴァーは口にした…

「太平洋戦争は、日本が始めた戦争じゃない。あのアメリカの『狂人・ルーズベルト』が、日米戦争を起こさせた。気が狂っていると言っても精神異常なんかじゃない、ほんとうに戦争をやりたくてしょうがなかった…その欲望の結果が日米戦争になったんだ」

その言葉を聞いて、マッカーサーははっきりと同意した…

==
この書籍に目を通し、ひとつひとつの事実を丁寧に読み解くことで、「日本人が悪かった」というわれわれが信じ込まされてきた太平洋戦争とは真逆の姿、戦争の真実が次々と浮かび上がります。

読み終わった後には、きっとあなたの「太平洋戦争のイメージ」は全く変わっていることでしょう。それだけでなく、アメリカと日本を見る目が変わり始めることでしょう。

藤井厳喜氏曰く、テレビ・新聞など日本のメディアには語られないところに真実は存在しているようです。それどころか、私たちに真実が知られないように巧妙に隠され、間違った情報が拡散するように仕組まれているのが現状です。ぜひ、この書籍からあなた自身で何が真実なのかを判断してください。

 

価格:1,980円(税別) 提供形式 書籍