講演録詳細LECTURE DETAIL

1946年(昭和21年)5月3日、東京。

元アメリカ大統領ハーバート・フーヴァーと連合国軍最高司令官マッカーサーは「太平洋戦争とはいったい何だったのか」を3日間にも渡って話し合った。

そのとき、日本人なら誰も思いもしないようなことをフーヴァーは口にした…

「太平洋戦争は、日本が始めた戦争じゃない。あのアメリカの『狂人・ルーズベルト』が、日米戦争を起こさせた。気が狂っていると言っても精神異常なんかじゃない、ほんとうに戦争をやりたくてしょうがなかった…その欲望の結果が日米戦争になったんだ」

その言葉を聞いて、マッカーサーははっきりと同意した…

私たち日本人は、小さい頃から「日本が真珠湾を宣戦布告もなしに攻めて戦争を起こした」「日本は残虐な悪い国だ」ということを新聞でも、テレビでも繰り返し教わってきました。でも、今から数年前、我々が耳にしてきた太平洋戦争の常識とは真逆とも言える証言が、47年公開を禁じられたフーヴァー元大統領の回顧録から次々と浮かび上がりました。

ハル・ノート、原爆投下、終戦…アメリカではこの証言をもとに、歴史の見方が、世界の見方が少しずつ変わり始めているのに、日本の大手メディアはいっこうにこの事実を大きく取り上げてくれません。太平洋戦争に隠されたその大嘘の数々とはどのようなものだったのか?

例えば、、、

などなど、ひとつひとつの事実を丁寧に読み解くことで、「日本人が悪かった」というわれわれが信じ込まされてきた太平洋戦争とは真逆の姿、戦争の真実が次々と浮かび上がります。

この講演録を読み終わった後には、きっとあなたの「太平洋戦争のイメージ」は全く変わっていることでしょう。それだけでなく、アメリカと日本を見る目が変わり始めることでしょう。

藤井厳喜氏はこう言います。「テレビ・新聞など日本のメディアには語られないところに真実は存在している。それどころか、私たちに真実が知られないように巧妙に隠され、間違った情報が拡散するように仕組まれている。」

ぜひ、この講演録からあなた自身で何が真実なのかを判断してください。

カスタマーレビュー

中村さま

- 学校で決して教わることのない視点での日米開戦の経緯について、史料に基づき理路整然と語られており、疑問をはさむ余地がないほどです。(まぁ、疑問をはさめるほどの知識が私にないのですが。)
それにしても問題なのは、こういう史料が出ているのに一向に取り上げ議論の対象としないメディアや教育機関です。学校の歴史教科書の記述についても、どうしても日本が悪かったと読める書き方ではなく、いくつかの史料が存在することを明示すべきです。そうすることで、生徒・学生ひとりひとりが多角的な視点で判断できる能力を養うことが真の教育につながるのではないでしょうか。
「大東亜戦争で日本は悪いことをした」という歴史観から日本人が抜け切れない以上、真の主権国家として日本が自主独立を果たすことはできません。そのために、大本である日米開戦の真実を知ることは、全国民に必須の教育であると思います。家族や子どもたち、友達にも視聴を勧めたい講演です。
(お客様個人の感想です。)

道家さま

- ずーと今まで太平洋戦争が日本が起こした戦争だとは、思っていませんでしたので、色んな意見を聞いたりして、自分なりに納得していましたが、しっかりした証拠による藤井先生の意見を見て嬉しくなりました。私の年代のものは、子供のころは漫画のゼロ戦隼人、ゼロ戦太郎、紫電改の鷹等のいい読み物がいい影響を与えてくれたように思います。またテレビも同期の桜のような番組もあり、今のような偏った放送だけではなかったのに、今は日本のことを貶めるような番組・ニュースばかりでとてもくやしいです。
(お客様個人の感想です。)

K子さま

- 日本人が真実を語れば「負け犬の遠吠え」にしか思われず、絶望感を感じていた。でも、今米国大統領フーバー氏の書簡が世に広まれば、世界の力学をも変える一級資料である。感動と感謝で、胸が震えた。藤井先生がおっしゃっていた「同じ歴史感を日米がもてば、真の同盟国となる」ということにに、同感した。その時こそ、人類共栄共存の理想を掲げて、広島原爆ドーム碑の「安らかにお眠り下さい。過ちは、2度と繰り返しませんから」の言葉が息づき、真に被爆者への弔いの言葉となるのだと思う。
(お客様個人の感想です。)

塚本さま

- そもそも正しい歴史を学校で教えてもらえないということが大問題なんですが、その理由がはっきり分かります。そして、終戦後70年以上たった現在にも間違った歴史観というものが大きく影響を与えていることが分かります。まずは正しい歴史を知るきっかけにぜひ日本人全員に読んでほしいです。その上で各個人が先の戦争を判断すれば良いと思います。
(お客様個人の感想です。)

【目次】日本人が知らない太平洋戦争の大嘘

はじめに
はじめに・・・1ページ

  • 反日プロパガンダは、日本の国そのものに対する攻撃である
  • 「反日中毒が蔓延している」と反骨のフランス人ジャーナリストが喝破した
  • 序章フーヴァー大統領の『フリーダム・ビトレイド』が明らかにしたルーズベルトの裏切り
  • フーヴァーの勇気ある告発――ルーズベルトは誰のために戦争を始めたのか
  • ルーズベルト神話は、いまだアメリカ社会に根強く生きている

第1章 日米関係前史
両国は衝突する運命だったのか? ・・・22ページ

  • 日本の鎖国を終わらせたのはアメリカだった
  • ハワイ王国を乗っ取ったアメリカ 
  • 若き東郷平八郎は、ハワイの亡国とどう向き合ったか
  • 英露ふたつの大国がぶつかったのが、日本だった
  • アメリカが、日本を仮想敵国とした戦争計画「オレンジ・プラン」を作っていた理由
  • 対日感情を大きく変えた移民排斥運動
  • 日米は、どこかの段階でぶつからざるを得ない運命にあった
  • 南北戦争勃発で生じた日米関係の空白
  • カラカウア王が日本に持ち掛けた仰天計画
  • ロシアとイギリスのグレート・ゲーム
  • アメリカはなぜ、日英の蜜月関係を終わらせたかったのか
  • 日米関係はずっと悪くなかった
  • 日本人にとって衝撃的な出来事だった、排日移民法の成立
  • アメリカは、日本がチャイナの利権を独占するのが許せなかった

第2章 日米戦争を起こしたのは誰か?
『フリーダム・ビトレイド』でフーヴァーは何を伝えたかったのか・・・58ページ

  • 日本に対する宣戦布告なき戦争が、静かに始まっていた
  • スターリン、チャーチル、?介石には、ルーズベルトとの深い関係があった
  • ルーズベルト家は、チャイナ貿易で財を成した家系だった
  • かくして、アメリカは開戦に踏み切った
  • 「戦争を始めたいという狂人の欲望」が日米戦争を引き起こした
  • 日本の知らない裏側で世界はつながっていた
  • なぜ、海軍は三国同盟を防げなかったのか
  • ついに一緒の船に乗った! 安堵して眠りについたチャーチル
  • アメリカを侵略する共産主義の脅威
  • 「赤狩り」という極端な政策がアメリカで吹き荒れた理由
  • アメリカ国民よ、今こそ目を覚ませ
  • フーヴァーは、アメリカンドリームボーイだった
  • 歴史から消し去られたフーヴァーの功績
  • 世界経済を立て直すための経済サミットを、ルーズベルトが潰してしまった
  • ルーズベルトのニューディール政策は、大不況を克服することができたのか
  • なぜ、ルーズベルト大統領は戦争を望んだのか
  • チャイナとキリスト教宣教師の奇妙な関係
  • ヨーロッパの戦争でアメリカン・ボーイズを死なせるな
  • フーヴァーとマッカーサーの会談で何が話されたのか
  • 最大限譲歩した和平交渉は、拒絶された
  • 三国同盟締結は、日本を滅ぼす道だった
  • 日本はハワイではなく、極東ソ連を攻撃して挟み撃ちにするべきだった
  • 議会にアメリカの宣戦布告を求めたルーズベルトの欺瞞
  • フーヴァーは、共産主義の脅威と戦うことに生涯をかけていた
  • アメリカ国民は本当の歴史を知らされていない
  • チャイナは、あらゆるものが戦争の手段となる「超限戦」を仕掛けている
  • フーヴァー大統領への期待と失望
  • 世界経済を立て直すための経済サミットを、ルーズベルトが潰してしまった
  • フーヴァー研究所を創設して、アメリカの保守主義を支える

第3章 原爆を落とす必要があったのか?
日本は終戦のために水面下で動いていた・・・128ページ

  • 無条件降伏の要求が、戦争を無駄に長引かせ、より残酷なものにした
  • 広島・長崎への原爆投下がなくても、日本は降伏していた
  • 日本に無条件降伏を呑ませるための切り札
  • 徹底抗戦を叫ぶ陸軍統制派は、社会主義革命を望んでいた
  • イギリスは、伝統的な外交政策バランス・オブ・パワーに徹すべきだった
  • 第二次世界大戦は、世界の構図をどう変えたのか
  • 第二次世界大戦の本当の勝者は誰か
  • チャイナを労せずして得た毛沢東
  • ルーズベルト大統領3つの大罪
  • 原爆投下は、新世界におけるアメリカの覇権を誇示するものだった
  • トルーマンが、ソ連対日参戦の前に戦争を終わらせたかった理由
  • 和平を訴える「近衛上奏文」のもうひとつの危機感
  • 日本は、大局観に基づく知恵を持っていたか
  • 余りに大きかったイギリスの勝利の代償
  • 最大の犠牲者を出したソ連が、第二次世界大戦で得た最大の成果

終章 日米がもし戦わなかったら?
世界地図は全く異なるものになっていた・・・160ページ 

  • 日本はイギリスとの戦いだけなら勝機があった 
  • 大英帝国の運命を握っていたのは、ドイツではなく日本だった
  • ヨーロッパは、ナチス・ドイツとソ連の支配が温存された
  • チャイナは分断国家となっていた

終わりに
ヤルタ協定を徹底批判したブッシュ・ジュニアの演説・・・168ページ

クリックして今すぐ書籍をもらう

※173ページの書籍をご提供
※ご登録頂いたメールアドレスは弊社プライバシーポリシーに基づき厳重に管理致します。
※ご登録頂いたメールアドレスに、弊社グループの有料サービスを案内することがあります。
他社からの迷惑メールなどは一切送らないことをお約束致します。
※案内が不要な場合、メール内の配信解除URLをクリックするだけで簡単に登録を解除できます。

著者紹介

国内外の大企業・投資家からも
信頼される国際政治学者

藤井 厳喜 氏 ケンブリッジ・フォーキャスト・グループ代表取締役

ハーバード大学大学院博士課程修了。日本のマスメディアでは決して報道されない、欧米政府が扱うレベルの政治・経済の動向、そして市民レベルの情報も踏まえて、文化、思想、宗教など多方面から分析し未来を的確に見抜くその予測能力は、内外の専門家から高く評価されている。

著書は第1作の『世界経済大予言』(1984年)以来、年間数冊のペースで出版され70冊を上回る。また、秘匿性の高い年間20万円の会員制レポートは35年間毎月発行され、「正確な情報が命」とも言える大手金融機関や大企業、個人投資家を中心に「世界情勢を読み解くバイブル」として高い評価を得ている。

また、国連集会に派遣団として参加したり、1999年には米ブッシュ政権との架け橋として、リチャード・アーミテージ元米国務副長官、ロバート・ゼーリック世界銀行総裁(共に当時は民間人)らに掛け合い、外交の裏側を取り仕切るなどの国際的・政治的な活動も行ってきた。

その一方で、「朝まで生テレビ」「バイきんぐ」「ニュース女子」「虎ノ門ニュース」などのテレビ出演やラジオのニュースキャスターを歴任。タレントや根拠の薄い発言しかしない学者では伝えられない世界の真実を、お茶の間にも届けるべく情報発進に努める。

さらに現在は、地上波では伝えきれないような「日本人にとって価値ある真実」を広める活動をダイレクト出版と協働で行っている。

著書紹介

  • 『日米対等 - トランプで変わる日本の国防・外交・経済』

  • 『希望の日米新同盟
    と絶望の中朝同盟』

  • 『世界恐慌2.0が中国と
    ユーロから始まった』

  • 『米中激戦! いまの「自衛隊」で日本を守れるか』

他にも、『アングラマネー - タックスヘイブンから見た世界経済入門』『あなたも国際政治を予測できる!最強兵器としての地政学』『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』『ロックフェラー対ロスチャイルド - 巨大対立軸のなか、日本の進むべき道を探る!』『NHK捏造事件と無制限戦争の時代』など、多数

申し込み方法は簡単

以下のボタンをクリックして、注文画面でお名前、送付先住所、送料手数料を支払うカード情報を入力して確定してください。講演録は翌営業日に発送します。

クリックして今すぐ書籍をもらう

※173ページの書籍をご提供
※ご登録頂いたメールアドレスは弊社プライバシーポリシーに基づき厳重に管理致します。
※ご登録頂いたメールアドレスに、弊社グループの有料サービスを案内することがあります。
他社からの迷惑メールなどは一切送らないことをお約束致します。
※案内が不要な場合、メール内の配信解除URLをクリックするだけで簡単に登録を解除できます。

提供サービス